日本製ドットの子供服 | pilkku -ピルック- 公式ホームページ フィンランド語でドットを意味する「pilkku」は、「男の子も女の子も着られるドット」をコンセプトに、子供たちにお揃いの服を着せたいけど、ひとひねり加えたお揃いがいい、男女お揃いの服を着せたい、そんなママたちの望みを叶える日本製の子供服ブランドです。ママサイズまでありますので、ぜひお子様とペアルックをお楽しみください。

キッズのオケージョンスタイル

キッズのオケージョンスタイル

 

オケージョン=occasion とは、

「特別な出来事、行事、式典」を意味する英単語。

日本でも一般的に「オケージョンスタイル」は、

そういった行事に着用する衣服のことを表します。

フォーマルウェア、などとも表現されますね。

 

最近では、お受験の始まる秋から卒園式・入学式など春にかけて、

子供服でも大人服でもお店でコーナー化されているのを目にします。

 
 
 
 
 

キッズのオケージョンスタイル

子供のオケージョンといえば、小学校や中学校のお受験(面接)、

七五三、クリスマス、お正月、ピアノなどの発表会、卒園式、卒業式、入学式。。。
思いつくものだけでも秋~春に集中していることがわかりますね。
特に、夏は気候的にも軽装で済むのに対し、秋~春は子供でも

「きちんとした装い」を余儀なくされます。

 

 

キッズウエアのむずかしさ

ところが、子供と大人の服選び、特に「一張羅」の選び方で

大きく変わってくるのが、「子供の成長」です。
サイズの変わらない大人と違って、子供は1年で平均6cmほど成長するので、

せっかく購入した一張羅も、長くても2年ほどしか着ることができません。
 
だったら、その1~2年の中で活用できる範囲(汎用性)が広い方が、

一張羅の活躍できる機会が増えますよね!

 

では、汎用性の広い一張羅とはどんなものなのでしょう?

 
 

ママもキッズも嬉しい服

 
ご家庭で、普段活躍しているお洋服をイメージしてください。
お子様のお洋服の場合、お子様もママも気に入っているものが

よく登場するのではないでしょうか?

お子様が気に入る理由としては、
・デザインが好き
・色が好き
着やすい
動きやすい
などが挙げられますね。
 
一方、ママが気に入る理由としては、デザインや色はもちろんのこと、

家庭で簡単に洗濯できる

・アイロンがけがいらない
などが挙がってきます。
 
 


 
そう、キッズもママも気に入るアイテムは、

デザインだけでなく動きやすさや普段のお手入れ、

キッズとママの双方の利害が一致するものなのです!

 

 

次回はそんな、ママもキッズも気に入る一張羅、男の子編をご紹介いたします。

 
 

 
 
 
 

 
 

 

コメントは受け付けていません。

特集